黒フサ習慣の副作用について

まず、『黒フサ習慣』は残留農薬試験を外部の食品分析専門機関(財団法人日本食品分析センター)にて実施され、128種類の農薬と10種類以上の有害物質の残留していないかどうかを調べた上で安全性を確認し、その試験をすべてクリアしています。

さらに、健康補助食品(サプリメント)としての製造管理や品質管理の体制においても、高い安全性の対策をとっています。

以下に健幸生活研究社「製造のこだわり」より引用します。

医薬品や医薬部外品の製造管理・品質管理規則に準じたルールを品質管理の基準とし、健康補助食品を製造しています。

そのルールはGMP(Good Manufacturing Pactice)と名付けられて、徹底した品質管理を行っています。
このGMPは、厚生労働省より平成17年2月1日付「錠剤、カプセル状等食品の適正な製造に係る基本的考え方について」(ガイドライン)が示されたことで、原料の受け入れから最終製品の出荷にいたるまでの全行程において、製品の品質と安全性の確保に努める必要が発生したからです。

そして、厳しい認定試験をクリアした工場のみがGMP認定工場となり、医薬品や医薬部外品の製造管理・品質管理規則に準じた高いレベルの製造管理をしています。

そして、『黒フサ習慣』は主成分のL-チロシンをはじめ、7種類以上の黒い食材やアミノ酸、ミネラルなどを配合し、原料はほとんど自然素材が使われている健康食品のサプリメントですので、副作用の心配はありません。

ただ、自然素材といっても食物に関するアレルギーのある方にとっては、一部の素材(海の黒素材のミネラル成分やそのほかのミネラル成分の原料)には注意が必要です。

原料にアレルゲンを引き起こす成分(食物アレルギー)に不安のある方は、あらかじめかかりつけの医師や薬剤師の方に相談された上で摂取されることをお勧めします。

また、妊婦さんやお子さま(15歳以下)は、使用を控えることをお勧めします。

詳しくは、健幸生活研究社にお問い合わせください。

健幸生活研究社のお問い合わせ先

ご不明な点やお悩みも下記の専用フリーダイヤルで受け付けています。

  0120-123-570

受付時間: 月~金:9:00~20:00 ※土日・祝日はお休み

※メールでの質問はこちらのお問い合わせフォームから

『黒フサ習慣』の全成分

『黒フサ習慣』の全成分は下記のとおりです。

タカサブロウ・ナルコユリ混合抽出物(タカサブロウ抽出物、デキストリン、ナルコユリ抽出物)、デキストリン、澱粉分解物、酵母(亜鉛含有)、マルトース、黒五(黒米、黒大豆、黒ゴマ、黒松の実、黒フサスグリ)、昆布末、黒酢もろみ末、ケラチン加水分解物、アキョウペプチド末、発酵黒ニンニク末、ひじき末、イカスミ末、プルーンエキス末、黒酢粉末(デキストリン、黒酢)、ブラックジンジャーエキス末、黒糖、豚肝臓、牡蠣エキス末、納豆末、ビルベリーエキス末、梅肉エキス末(デキストリン、梅肉ペースト、梅酢)、サンシュユ末、ホップ抽出物、ビタミンE含有植物油、コレウスフォルスコリ抽出物、L-シスチン、L-チロシン、ステアリン酸Ca、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB1、L-メチオニン

 

黒フサ習慣』公式サイトはこちら
↓ ↓ ↓

 

コメントを残す